コインランドリーボーイ

ホステル NT BackPackers到着


今回は、ラオスの首都ビエンチャンにあるNT BackPackersというホステルに来ました。

まず入ってすぐに思った印象は、めっちゃ綺麗!

画像

バンコクで泊まった日本人宿並みに綺麗じゃね?これで一泊527円は安すぎるやん!

しかもコーヒー、お茶、水が飲み放題。めっちゃええやん。Booking.comの評価もめっちゃ高かったしこれは当たりなんちゃうのん?

ただ、なんでかよくわからんけど軒先で鳩飼っとる。笑

dav

日本人の俺からしたらその辺にいるべき鳩が籠の中で捕まってるんが、もうおもろい。

なんで捕まえたん?なんで捕まえられてんの?

ラオスでは貴重生物なん?

絶好の洗濯日和


昨日は夜行列車で過ごしたからシャワー浴びれてなかったしチェックインしてすぐ浴びることにした。余計に溜まった洗濯物と外のカンカン照り具合を見て思った。

今日洗濯せんかったらいつ洗濯するんや?

洗濯干す部屋どこか聞いて見たらびっくりした。

洗濯干す部屋ないって。

いや、ないって。

それはないやろw

あるやろ!w

ホステルやぞ!ホステルの名前NT BackPackerやんけ!バックパッカーのためのホステルやんけ!洗濯干すとこなくてどうすんねん!w

って思ったけど、管理人のおばさんがいう。

「向かい側にコインランドリーあるからそこでよろしく!」

コインランドリー捜索開始


溜まった洗濯物がパンパンに詰まった袋を装備してコインランドリーの捜索をすることになった。

ただ向かい側って言ってたけど向かい側の家、明らかに民家っぽい。

いやいやいや、ここはちゃうやろ〜っと思って、ちょっと奥行ったりして色々探すけど全く見当たらん。

ええ〜コインランドリーないやんけ〜と思ってたら食堂っぽいの見っけてお腹減ったから先に昼ごはん食べることに。腹が減ってはコインランドリー探せず。

適当に注文したら結構な量のヌードルが出てきてびっくりした。日本のラーメン屋の特盛ぐらいのサイズ感。

タイの通貨はバーツやったけどラオスの通貨の名前はキープ

そして、上の具沢山特盛ラオスヌードルがなんと、、、、

17,000キープ!!!

お!ついにぼったくりに遭遇か!!!

と思った人。

違うんですよ。

17000キープはなんと、日本円でいうところの216円!w

やっぱり安い!

ほんで、キープの計算くそめんどい!!!w

妥当な値段でもぼったくられてるのかと錯覚する桁数

これが100,000キープ札。通貨計算アプリ Currenyは必須アイテム。

あえなく帰還


第一次コインランドリー捜索による成果は、腹ごしらえしただけ。

もう一度、管理人のおばさんに聞く。

「だから向かいだよ!うちらのホステルがあるでしょ、その向かいだよ!大丈夫ね、いけるね。」

コインランドリー捜索部隊再度出撃!!!

でもな〜、何回見てもどう見ても民家やねんな〜。

扉は開いてるねんけどな〜。

でも、ここは管理人さんを信じて飛び込むしかねえぜ。

ラオスでは、コインランドリー民家風なんやろ!

こんなカンカン照りの日に洗濯できないないってやってられねえ。

うらあっ、家屋に侵入!

突如、タンクトップのお姉さんに遭遇!!!

目と目が合って、両者硬直。

直後、俺聞く「コインランドリー?」

びっくりしたんやろうな〜。

いきなり自分の家に外国人が洗濯物いっぱい持ってきて「ここってコインランドリー?」って聞くねんもん。そらあんな顔するわ。日本やったら捕まってたかもしれん。

コインランドリー捜索部隊再帰還


今回の成果は、タンクトップのお姉さんからの冷たすぎる眼差しと「No!」と言う辛辣な一言のみ!

もう一度、問うぜ、おばちゃん!

ランドリーはど・こ・で・す・か!?

おばちゃん「だ〜か〜ら〜あそこだって言ってるでしょ!も〜」

今回は、外にまで出て指をさして教えてくれた。

よかったよかった。

あ、さっきのとこの隣か!なるほどなるほど〜。

いや、そこもどう見ても民家やんけ!!!w

え、ほんまなんか?

さっきも同じ感じで民家やったぞ?

信じるぞ?おばちゃんのこと信じるぞ?

そして、突撃。

結果、撃沈。

また、民家やんけええええええ!!!!うらああああああああああああ!!!!!

今回は、優しそうなおじさんからが苦笑いで「No」やったわ。

結果


おばちゃん「え?またできなかったの?あ、、、今日、日曜日やから空いてないんか。ハハハ!!!」

このくそババアめ。

てな訳で、ホステルのバスルームで自分で手洗い。

しかもここのホステル、洗面台ないから床で洗うしかない。

トイレとシャワーがあるだけ。

便器の隣でゴシゴシ洗ってこれ洗えてんのか!?って感じやったけどなんとか終わった。

そんで、干すとこないから怒られるの覚悟で外の共同スペースの椅子がっつり使って干したった。

それ見ておばちゃんにっこり。

どうやらセーフらしい。

いろんなホステル、ドミトリーがあるんやな〜。と痛感。

総括


その後、ちょろっと散歩したけどラオスはほんまにのどか!

あらゆる欲が消え失せてしまうような町並。

時間の進み具合が遅く感じる。

ほんで、Wifiの速度はほんまにビビるほど遅い。

大体10〜30kbps。笑

このブログに画像アップロードするだけで一苦労。

調べたらラオス自体、基本回線はこんな感じっぽい。

NT BackPackersが洗濯に適してないって話ばっかりしたけどそれ以外はほんまに綺麗。ベッドもちょうどええ柔らかさやし、蚊対策もしっかりしてある。

共同ルームもめっちゃ居心地良い。

ただ洗濯がやりづらい。それだけ。

明日は、夜行バス乗ってルアンパバーンに突撃や〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする