ソニー銀行 SonyBankWallet 海外(バンコク)での使用レポート

クレジットカード利用を想定


海外で旅を続ける上で、とても重要なのがお金の問題。

当初、僕はクレジットカードを多用するつもりだったのですが、クレジットって意外と使えないことに気づきましたのでそのご報告。

バンコクによくある下の画像のような屋台ではクレジットは使えませんでした。せっかくバンコクに来たのだから現地の人が食べる安くておいしい屋台料理を食べたいので現地通貨で払うしかありません。

また、セブンイレブンでもクレジット利用だと余計な手数料が取られたり購入金額の下限が決まっていたりしました。

クレジットって思ったより使えないんやな!と思ったのがパッカー6日目の感想です。大きなお店などではもちろん使えると思います。

上の屋台で買ったヌードルです。50バーツで十分美味しかった。

海外ATMでの操作方法


そこで、ATMで現地通貨を引き出して利用したのでその操作方法を説明します。

まず僕は、この旅でクレジットカード3枚(Visa、Visa、Master)ととしてSonyBankWalletという国際キャッシュカードを1枚を持って来ていました。

当初からクレジットカードを多用するつもりだったのでSonyBankWalletについてあまり調べずに他の方のブログや評価を見て海外でのATM利用をするにおいて一番良さそうだと思って作成していました。

ただ漠然と円預金を現地通貨でお手頃に引き出せるカードという認識でした。

なのでどのような仕組みでどれくらいの手数料がかかっているか把握できていないのですが、今回とりあえず円から現地通貨を引き出すことができました。

動画にてATMの操作方法を撮影してみたので紹介します。

先に書きますが手順自体は日本のATMと大体同じでした。

簡単にお金をおろせました。

カード作成とのその後の注意点


ソニー銀行お申し込みページより、カードを作成することができます。

その後の注意点なのですが、MONEY Kit登録後、ログインして自分で外貨口座一括開設をしなければ円からアシストというお得機能が使えないようです。

たまたまヘルプデスクに電話した為、この作業が必要なことを教えてもらいましたが知らなければ開設せずに旅を続けていたかもしれません。

外貨口座開設はネット上で簡単にできたのでやり忘れることないようにしてください!

さらに注意点


ソニー銀行さんの海外利用説明ページを参考にしてこの記事を作っている過程でわかったのですがどうやらタイ バーツは円からアシストの機能の対象外通貨のようです。笑

なので、円からアシスト機能ではなく円普通預金口座より引き落としになっているようですね。。。

動画の中にもあるように普通預金って選んでますもんね。笑

ってわけで、今回は円からアシスト機能で賢くATM利用できたってわけではないので

Sony Bank Walletで日本円をバーツとして引き出すことができたという記事になります。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする