【あとがき】ポディマハッタヤさんのくれたもの

自国以外でこんなにも人気がある一般人はポディマハッタヤさんだけ説


皆さん、こんにちは!

なんとポディマハッタヤさんシリーズの記事が昨日、ハムスター速報さんによりまとめられました!

知る人ぞ知るスリランカのポディマハッタヤさんのフルネームはW・A ポディマハッタヤwwwwwww

ハム速さんを見ている側の人間だったので、少し奇妙な部分もあったのですがこれによりたくさんのポディマハッタヤさんファンの方々に現在の元気なポディマハッタヤさんの姿を伝えることができ、本当によかったと思ってます!

小学校を思い出してワクワクした! というコメントや

元気そうなポディマハッタヤさんを見れてほっこりした というコメントなど

これらを見ると、マジで行った甲斐があったな!という気持ちでいっぱいです。

正直、こんなにも反響がもらえると思っていなかったので驚いています。

さらに嬉しかったのが、当ブログのコメント欄や僕のTwitterなどに僕に対しての応援のコメントも書いて下さる方がいて本当に嬉しかったです。

ただ何より思うのはポディマハッタヤさん マ ジ で人気なんやなってことです。笑

今日は1日かけてのバス移動だったのでほとんど何もせずにひたすらTwitter見てました。

エゴサーチするが如く「ポディマハッタヤさん」で検索して反響を見て、インド人まみれのバスの中で1人ニヤニヤしてました。

中には、

ポディマハッタヤさんの名前を聞いた瞬間懐かしくて泣いた。

だとか、

ポディマハッタヤさんの動くお姿拝めるとか今日は良い日だわ。

だとか、

感動した!ポディマハッタヤさんは俺たちの星なんだ。

とか、もはやポディマハッタヤ教作ってもいけそうやな。と思うほどのコメントがたくさんありました。

それほどまでに日本の一部の人間からの人気がすごいポディマハッタヤさん。

ただ、如何にスリランカでは、無名だったか、、、。

どんだけ僕が、「Do you know ポディマハッタヤ?」ってスリランカ人に聞いたか、、、。

スリランカ着いた当初は、少し期待していました。

なんやかんや知ってる人は知ってるんちゃうかと。

ゆうて地方芸人くらいの知名度はあるんちゃうかと。

地元では結構有名で大阪でいう月亭八光みたいな感じなんちゃうんかと。

思っておりました。

スリランカの空港に着いた時、頼んでもないのにひたすらツアーの説明してくるしつこい旅行代理店のおじさんがいました。

しつこかったので、こちからも質問してみました。

「Do you know ポディマハッタヤ?」

怪訝な顔をされ「No, Who?」と答えられました。

それでも、旅行代理店のおじさんは引きません。

旅行代理店「で、スリランカにはいつまでいるんですか?1週間ならこのコースがオススメで2週間ならこっちを回って、、、」

「ポディマハッタヤさんが見つかるまでおるで。」

しつこかった旅行代理店のおじさんは勧誘を諦めてくれました。

宿のおじさんが僕があまりに観光をしないので声をかけてくれました。

僕はポディマハッタヤさんを探している旨を話しました。教科書の話を一からしました。

すると、宿のおじさんは少し小馬鹿にした感じで「誰だそれ?本当に実在する人なのか?笑」

「なんなら俺がポディマハッタヤさんってことにしてやろうか?笑」とか言いよります。笑

挙げ句の果てに「ポディマハッタヤさんのフリしたら日本人の女の子にモテるかな?」とか言い出します。笑

「知ってる人にはモテると思う。」と伝えておきました。

ポディマハッタヤさんのフリをするおじさんに出会ったら僕のせいです。すみません。

で言いたかったことは、マジでスリランカではポディマハッタヤさんが無名だったということ!!!

一番最後のバス停の商店のおじさんに会うまで何回、聞いたか!笑

誰に聞いてもわからへん言うし!!!

生活拠点のない他国からこんなにも一方的に人気のある人、ポディマハッタヤさんぐらい説。

ま、ちょっと大変やったんやで自慢をしたかっただけです。笑

他にもたくさん話したいことはあるのですが、今日は移動で疲れたのでこの辺で。。。

暖かいコメントいただけた方々には本当に感謝しています。

ポディマハッタヤさんだけで終わらずにこれからも何か楽しいことを交えながら世界一周していきたいなと思ってます!

イッテQのお祭り男のコーナーが大好きなのであれのどれかに挑戦したいなとか考えてます。

あのコーナーの宮川大輔ムッチャ好きです笑

時期と場所が合えばですが。。。

まだまだ未熟なブログですがこれからも見守っていただければ嬉しいです!

読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする