【最終回】ポディマハッタヤさん捜索

  • ポディマハッタヤさんに関する記事の最終記事です。

そもそもポディマハッタヤさんって誰?と言う方は第1回に説明があるのでお読み頂ければ幸いです。シリーズ記事になっています。

【第1回】ポディマハッタヤさん捜索

【第2回】ポディマハッタヤさん捜索

【第3回】ポディマハッタヤさん捜索

当ブログで使用されている写真動画は、被写体になった方達の肖像権の乱用を防ぐ為、無断転載は禁止致しますのでその点よろしくお願いします!

あらすじ


今までのあらすじを要約すると、世界一周中のバックパッカーがひょんなことからポディマハッタヤさん探しをする為、単身スリランカへ渡航することに!仲間との出会いや、ぼったくり、体調不良、超汚いトイレなど様々な経験を乗り越え、遂にポディマハッタヤさん訪問のアポを取ることに成功

果たして本当に会うことができるのか、、、!?

って感じですね〜。

では、最終回始まります〜。

ポディマハッタヤさんちへ


2018年3月28日、朝。

スリランカの気温は30度前後あるにも関わらずエアコンのない安宿に泊まっていたので暑さで目覚めた。

シャワーを浴びていつもの薄い短パンではなく、今日はジーパンを履く。

なぜならついに今日、ポディマハッタヤさんちへ訪問するからである!

あまり汚い格好で行くわけにいかない。

ポディマハッタヤさんちへの行き方は、宿の人に事前に聞いておいた。

コロンボ市内からバスを乗り継いで3〜4時間ほどの山奥だそうだ。

ボガラ鉱山近くのバス停でポディマハッタヤさんと待ち合わせる予定。

いざ出発。

昼ごはん


バスの乗り継ぎの際に食べた昼ごはん。あの本に出てきた二種の豆カレーを彷彿させるようなカレーだった。

ボガラ行きのバスへ


ボガラ行きのバスに乗る。

観光客がローカルバスに乗っているのが珍しいらしく「どこに行くんだ?」と運転手が訪ねてくる。

「ボガラ鉱山行きたいねん!」と答えると「俺はボガラ出身だぜ!近くになったら教えてやるよ。」と優しい言葉をかけてくれた。

ボガラ出身というワードを聞いただけでウキウキしたが、ポディマハッタヤさんについて知ってるかと尋ねてみると知らないとのことだった。

ボガラ出身の人でもポディマハッタヤさんをご存知ないとは笑

待ち合わせ場所へ到着


「ボガラはここだぜ。」

そう言われてバスを降りた。

このバス停でポディマハッタヤさんが待っててくれているはず、、、!!!

バス停近くには商店が並んでおり、人がたくさんいる。

降りてすぐに商店のおじさんに

「あの、、、人を探しているんですが、ポディマハッタヤさんって知ってますか?」と尋ねてみる。

すると、

「ああ、あそこにいるよ。ほら。」

指差した方向を向くと、おじいさんがニコニコしながらこちらに向けて手をあげてくれている。

ネットで年老いてからの写真を見ていたのですぐにわかった。

ああ、あなたがポディマハッタヤさんですね!!

やっと出会えた喜びのあまり兵役から帰って来たご主人様に駆け寄る犬みたいに近づいてしまったと思う。

ポディマハッタヤさんに挨拶して自己紹介。

すぐに、トゥクトゥクで近くにあるポディマハッタヤさんの家まで送ってくれた。

ポディマハッタヤさんちに到着


ポディマハッタヤさんの家は、とても大きかった。

庭。

室内。

ダイニング。

そして、、、

そしてそして、、、

みなさんお待ちかねの、、、

ポディマハッタヤさんがこちらです!!!

うおおおお!

実際、会えた時は本当に感動でした笑

印象に残るあの写真を持ってもらえました!

おんとし71歳のでえベテランだそうです!

めちゃくちゃ元気でポディマハッタヤさんの子供たちの写真や、今まで訪問された日本人の方々と撮った写真などをすごい勢いで見せてくれました笑

ご家族紹介


当日に迎えていただけた家族の方々。

左から

  • ニノーシャニーさん(長男サマンタさんの奥さん)
  • タルイくん(サマンタさんとニノーシャニーさんのご長男で、ポディマハッタヤさんからみれば孫にあたる)
  • フェーマラティさん(ポディマハッタヤさんの奥さん)
  • ポディマハッタヤさん(皆さんご存知)
  • マヌイくん(タルイくんの弟、やんちゃ盛り)

そして会うことはできなかったのですがポディマハッタヤさんの子供達の写真を紹介させていただきます。

「日本の方々に自分の息子達がどれだけ成長したか見て欲しい!」とポディマハッタヤさんたっての希望なのでしっかりと紹介させてもらいます。笑

当時の教科書と並べて現在の写真を撮らせてもらえました。

教科書掲載時のポディマハッタヤさんと奥さんと子供達

教科書掲載時のサマンタさん

そして大人になってからの写真。

③長男サマンタさん

④次男ワサンタさん

⑤三男ビヤンタさん

⑥長女ビヤンカさん

皆さん、立派な大人になられています!笑

あんなに可愛いかったサマンタさんが、今はバリバリ仕事こなしそうなオーラで溢れています。

個人的には、三男ビヤンタさんのワイルド感がとても好きです。

そして、皆さんすごく暖かく迎えてくださいました。

ありがたいことに食事まで出していただけました。ポディマハッタヤさんにすごい勢いで勧めて頂けたのですが、流石に全部は食べられませんでした。笑

食後のセイロンティーまでいただけました。

質問


ここまで順調に進んだかのように書いたのですが、実は1つ問題が生じていました。。。

予想に反してポディマハッタヤさんに英語が全く通じませんでしたw

ひたすらスリランカの言葉、シンハラ語で語りかけてこられます。

焦りました。。。

身振り手振りで応対していましたが、具体的な話になると通じません。

昨日考えてきた質問は無に帰すのか。。。

とバス停で考えていたのですが、ニノーシャニーさんが英語を話すことができたので通訳になっていただきコミュニケーションを取ることができました。

ニノーシャニーさんがいなければ質問どころではなかったので大変助かりました。笑

質問① 「一本の鉛筆の向こうに」は知っているか?

これは質問しようと思いましたが、やめました。

なぜならポディマハッタヤさん自身が僕らが使っていた教科書を持っていたから笑

懐かしい!

というよりは「ああ、なんかこんな感じやった気がする!」っと思って手に取りました笑

覚えている人いますか?笑

中を空けると

おお〜。

おお〜!!!

なんかこんな感じやった気がしますね。笑

個人的にはやはり右の黒鉛を砕く写真が、印象強いです。

しかし、ポディマハッタヤさん自身が持っているとは思わずびっくりしました。

質問② ポディマハッタヤは下の名前ですか?上の名前ですか?

下の名前だそうです。

苗字は、W・A。

W・A ポディマハッタヤがフルネームだそうです。

奥さんは、W・A フェーマラティさん。

質問③ 教科書の中で炭鉱夫を継ぐ気満々だったサマンタくんは今何をしておられますか?

ハンマーなどの工具や、またビルに関係するお仕事をしているとおっしゃってました。

「炭鉱夫はしていないんですか?」と聞くとはっきり「ノー炭鉱夫!」と答えていました。

当たり前ですが子供の頃に思っていたことなんて変わりゆくものです。笑

質問④ 日本に来たことありますか?
残念ながらないそうです。
これは、スリランカ人が日本行きのビザを取るのが困難だからだそうです。
ポディマハッタヤさんだけでなくスリランカ人に「日本おいでよ!」と言えばみんな口を揃えて「ビザが、、、」というのでビザ取得はなかなか難しいようです。
ポディマハッタヤさんに日本にきてほしいしビザが取れないことがとても残念ですと伝えました。
「ポディマハッタヤさんにビザ発行せんかったら誰にビザ発行するねん!」とか思いました。笑
質問⑤ 朝晩カレーは本当ですか?
もちろん、本当だそうです。
これには、ニノーシャニーさんに笑いながら「なぜそんなこと聞くの?」みたいな顔をされてしまいました。笑
日本人に「朝晩、米と味噌汁ってマジですか?」と聞くようなもんだと思います。
スリランカにはそれぐらいカレー屋さんばかりです。
「日本人にとって毎日カレーを食べるのは奇妙なんです。」と伝えると納得してもらえました。
質問⑥ ポディマハッタヤさんは現在、何をされていますか?
この質問をした時、ニノーシャニーさんがポディマハッタヤさんを少し見てから「Ah~~,,,,Nothing!」と勢いよく答えられて笑ってしまいました。笑
現在71歳になるでご隠居されていて当たり前の年齢ですね。
黒鉛の仕事自体は、2001年に辞めたそうです。
立ち仕事が続いたため、膝に支障が出てそれが原因で辞めたとおっしゃってました。
だいたい質問できたのはこんなところでした。

ポディマハッタヤさんから皆さんへのメッセージ


そして、最後にポディマハッタヤさんから今尚ポディマハッタヤさんの名前を覚えている日本人の皆さんにメッセージをいただくことができました!
急にカメラを向けてしまったので少し緊張されたご様子でした。雨の音がうるさいですがご了承ください。
もちろんシンハラ語です!笑
宿の人に、なんと言っているかをテキスト化してもらえました。
මම ඔබ තුමලව මේ ලංකාවට අවට බොහොම ස්තූති.. ආඩම්බරෙන් පිලිගන්නවා. ජපානයේ සිටින අනික් සහෝදර සහෝදරියොත් අපි බොහොම ආඩම්බරෙන් පිලිගන්නවා කියල මම කියනවා. බොහොම ස්තූති..
これをそのままGoogle翻訳にかけると
私はスリランカ周辺であなたにとても感謝します。 誇らしげにそれを受け入れる。日本の他の兄弟姉妹は非常に誇りであると言いたいと思います。どうもありがとうございました。
だそうです!
なんとなくでわかると思います!笑
シンハラ語がわかる方がいましたらもう少しわかるように日本語に変換してコメント頂けたら嬉しいです。
去り際に、少しだけ上等な香り付きの扇子を日本から持って来ていたのでお礼として贈りました。

写真


僕も皆さんと一緒に写真を撮らせて頂きました!

今の所、顔出しなしでブログを進めていくつもりでいるのでとりあえずは隠させてもらいます。

ポディマハッタヤさんとのツーショット。

ご家族の方々と。

お孫さんたちと。

子供たちは始めは恥ずかしがっていたのですがすぐに仲良くなりました。

むちゃくちゃ可愛くて面白かったです。

マヌイくんがなかなかのやんちゃ坊主で、おもちゃの銃を使って僕を的にして遊んでいたのですが発砲する度にニノーシャニーさんに叱られていました。笑

それに対してタルイくんは大人しくきちんとお兄さんしていて偉かったです。

最後は、ポディマハッタヤさんにバス停まで送っていただきました。

雨が降っていたので相合傘をしてもらい、最後の写真を撮りました。

感想


思いつきで始まった計画でしたが、無事ポディマハッタヤさんを訪問させていただくことができました!

訪問させていただいて一番印象に残ったのは、とても暖かいご家族だなということでした。

必死に自分の子供達の説明をするポディマハッタヤさん、

仲睦まじく食事の支度をしてくれるニノーシャニーさんとフェーマラティさん、

ポディマハッタヤさんにイタズラして怒られるマヌイくんを笑いながら見ているタルイくん

本当に良い家族だな〜と思いました。

訪れた時間が短かったのでもう少し長くここに居たいなあと心の底から思いました。

「また遊びに来てね」と言われた時は本当に嬉しかったです。

突然の訪問を快く迎えていただけたポディマハッタヤさんご家族、訪問を調整していただけた方々、また一緒になって探していただけたJapanese Class in Sri Lankaさん!

スリランカには心優しい人たちが多くいました!

感謝の気持ちでいっぱいです。

それと、もう1つ思っていることはやったったぞー!!という達成感です。

ノープランで始まった無謀な計画を達成できたことが本当に嬉しいです。

普段からしょうもないことばっかりしている僕でも、本気でやろうと思えばできました!

なんでもすぐに諦めてしまう消極的な人に伝えたい!

人間やろうと思えば、気合いでポディマハッタヤさんにだって会えるんだぞ!!!

って。笑

とにかく、楽しさだけを追求して本気を出した奴がいるという事実がどこかの誰かの心に響いてくれないかなと期待しています。

そして、スリランカへの感謝の気持ちを抱いて次の目的地インドに向かいます!

というか実はもうインドです!笑

今回は目標を達成することができたので「次は何をしようかな〜」と考えています。

何かポディマハッタヤさん探しのような僕にやって欲しい面白いことがあればぜひコメントいただきたいです!インドの次はイランに行きます!

トニーゴンザレスさんとダンランドレス探しはなかなか厳しそうやけど、、、笑

今後も楽しいことを追いかけて旅して行こうと思います!

長々とお読みいただきありがとうございました!

ちなみにいつもはこんな丁寧にブログ書いてないのでよろしくですw

今日は、たくさんの人たちに見ていただきたい内容だったのでめちゃくちゃ丁寧に書きましたw

書くのに疲れましたw

いつもは、死ぬほど適当人間なのでどれほど適当か他の記事も見ていただければ嬉しいです!

応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たかし より:

    たまたまネットでこの記事を見つけて、ポディマハッタヤさん捜索第一回から見させていただきました。
    はっきり言ってめっちゃおもろかったです。

    スリランカ向かってから、実際に会えるまでの高揚感や不安や興奮、喜びの感情がヒシヒシと伝わりました!
    僕も小学生当時、教科書でスリランカの炭鉱夫を見た記憶があり「このおっさんめっちゃおもろい仕事してるやん。鉛筆サンキュー」ぐらいの感想を持ってました。
    長年忘れてましたが、ブログタイトルを見て「はっ!ポディマハッタヤさんて…あの人!?」と記憶が蘇りました。

    実際にお会いになられて、ポディマハッタヤさんがご健在なのを見せてもらった僕は、何と言うか嬉しくなったのです。
    彼が掘った黒鉛を使った(かもしれない)鉛筆で勉強させてもらった身として、野菜の生産者を見る消費者のような、感謝に似た感情が再燃しました。
    そして、ブログ主さんにも、何十年ぶりかにポディマハッタヤさんを見させてくれて、小学生ぶりの感情に触れさせてもらえて本当に感謝です。

    まだ旅の途中でしょうか?
    お身体に気をつけて楽しんでください。

    • 難波 八郎 より:

      コメントいただきありがとうございます!
      今は、まだインドにおります。
      「はっきり言ってめっちゃおもろかったです。」と言う言葉は我々大阪人からすればこれ以上にない最上級の誉め言葉で、光栄で身にあまりあります。
      簡単に言うと「もったいなきお言葉、、、おおきに!」って感じです。

      小学校の頃の記憶ってとても不思議ですよね。大したことでもないのに思い出すと懐かしくて感傷深い気持ちになりますよね。
      小学生が新しいものに触れるような楽しい気持ちを大事にして行きたいと今回の件を通じて感じています。

      暖かいコメントありがとうございました。
      今後も何かにチャレンジして行きますので応援よろしくお願いします!
      おおきに!

  2. H田 Y子 より:

    初めてメッセージをします。某まとめサイトで、ブログのことを知りました。日本の小学校に通っていた、同じ国語の教科書を使っていたということで普段関係のない人たちとワクワクした気持ちが通じることに感動しました。弟と同級生の夫は使っていた教科書が違ったのか話しは通じませんでしたが(´・_・`)

    ポディマハッタヤさんのメッセージはおっしゃっていることが分からなくてもとても温かく、優しさに満ちていることが分かりました。ご存命でお元気にされてることが分かってとても嬉しく思います。

    難波さんの冒険のお陰でとても楽しい思いをさせて頂きました。ありがとうございます。これから他のブログ記事も読ませてもらいますね。

    • 難波 八郎 より:

      暖かいコメントいただきありがとうございます!
      大したブログではないのですが、少しでも楽しんでいただけたなら嬉しい限りです。
      ポディマハッタヤさんは、家族思いのとても優しい方で本当に手厚く歓迎していただけました。彼の優しい人柄が伝わって嬉しいです。
      ポディマハッタヤさんを知っているかどうかは、どうやら同じ年代でも各小学校の採用している教科書によって違うようです。

      これからもっと皆さんを楽しませるような記事を書けたら良いなと思っております。
      本当に暖かいコメントをくださって感謝します。
      H田さんのコメントだけでも日本を出た甲斐があったなと思います。
      今後も応援よろしくお願いします!

  3. H本 T華 より:

    初めまして、突然のコメント失礼いたします。
    偶然ネットで此方の記事を見つけて読ませていただきました。

    私は現在27歳なのですが小学生の頃からポディマハッタヤさんの事が忘れられずにいつも今は何をしているのだろうかとモヤモヤしていました。
    周りの友人でも覚えている人もいれば忘れている人もいて日々ネットでポディマハッタヤさんの記事を巡っていました。

    しかし!この度ポディマハッタヤさんの生存が分かり、現在の写真そしてフルネームまで知る事ができ久方ぶりに心踊りました。
    本当に感謝申し上げます。
    一連の記事の行動力には感動いたしました、これからもお体にお気をつけ下さい。

    • 難波 八郎 より:

      コメントありがとうございます!
      ポディマハッタヤさんに対する熱い思い、しかと伝わりました。
      きっとポディマハッタヤさんも喜んでくれると思います。私としては少しでもなにか感じ取って頂けたなら本当に嬉しい限りです。
      今後も旅を続けていきますので応援よろしくお願いします!