【イスファハン観光】イマーム広場

イスファハン訪問


イスファハンとは、

エスファハーンペルシア語اصفهان‎; Eṣfahān) は、イラン都市エスファハーン州州都テヘランの南約340kmに位置する[1]日本語では、慣例的にイスファハンイスファハーンとも表記される[2]

古くからの政治・文化・交通の拠点であり[3]16世紀末にサファヴィー朝首都に定められ発展した。当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分(Esfahān nesf-e jahān ast、エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン)」と賞賛され[4][注 1]、この街を訪れたヨーロッパの商人も繁栄の記録を残している。イラン人にとってエスファハーンは歴史的・文化的に重要な町であり[5]、町の美しさは「イランの真珠」と例えられる[6]

出典:wikipedia

こんな感じっす。真珠とか呼ばれててなんか良さげな街だったんで行ってみました。

イスファハンなんかエスファハンなんか、エスファハンなんかはどうにか統一してくれへんやろか。

テヘランにあるホステルから地下鉄→バスという手順で移動しました。

バスはかなり快適でした。らくらくシート。

バスチケット。何が書いてあるかはもうさっぱり謎。

バスから見える景色は、荒野。

荒野からの荒野。

からの荒野。

ひたすらに荒野!!!

頭ん中は、もちろんこの曲、、、

旅人気分ですよ。こういう道進んでるとき結構好きかも。

ゴツゴツした岩が良いんかな。景色みてておもろい。

動画では、こんな感じ。

イマーム広場


イマーム広場(イマームひろば)はイランエスファハーンにある広場

まわりをを基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた荘厳なモスクや宮殿によって囲まれていることから、かつては「ここには世界の半分がある」とも言われた。

ユネスコ世界遺産に登録されている。

出典:wikipedia

世界遺産、イマーム広場に行ってまいりました。

上に書いてある通り、ここはかつて世界の半分があったと言われる場所、、、!!!

りゅうおう「世界の半分をお前にやろう。」
参考リンク:【もし わしの みかたになれば せかいの はんぶんを ○○○○に やろう。】

世界の半分ってこの広場のことやったんですか、、、!!!

旅人気分からいきなりラスボスにたどり着いてしまった感。

景色はこんな感じ。

ええ感じの広場っす。

芝生もあって遊んでる子供達もいたよ。

なぜかみんなアイス食べてた。当然のごとく俺もアイス買う。

おすすめって言われたから買ったけど、何味かは何回聞いてもよくわからんかった。食べても何味かはわからんかった。でも、うまかった。

そして、これが青を基調とした精密なアラベスク模様のタイル。

ムッチャ綺麗。この色、質感、模様、最高です。

同じような門が数カ所にある。まじ綺麗。

同様の模様の置物も売られとります。

イマーム広場の動画はこんな感じ。

動画でわかるようにめっちゃ居心地の良い広場。

すご〜い和める。

ここで読書とかしたら気持ち良いんやろな。

お父さんがちっちゃい子と追いかけっこしたりしてる。

め〜っちゃ和める。

ずっとぼ〜っとしてられる。

イスファハンに来たらぜひ行って欲しい。

ただほんまに。

ただ1つ俺が言いたいことは、もっすごい名前負け。

流石に世界の半分はないぞ!!!w

って思ったw

いや、この広場は俺は悪くないと思う。ほんまにええとこ。

どう考えても名前が強すぎる。

半分てw

世界なめすぎやろ!!!www

イマーム広場、冠名強すぎ問題。

街並み紹介


イランは、イメージしてたような場所と全然ちゃうかった。

まず街がキレイ。

キレイってのは、ゴミが落ちてない。

なんでかっていうとゴミ箱が至る所に設置されとる。

ホステルの中庭では、金魚が飼われてた。

古びたドアもなんかオサレ。中に宝箱ありそう。

公園では、BBQする人やら昼寝する人がたくさんいた。

思ってたよりムッチャピースフル。優しい人ばっかり。

公園でチキンが焼かれてたから1つ買ったつもりで、もらったらどうやら個人でBBQしてる人らやってお金はいらんって言われたw

ほんまありがとうございます。美味しかったです。

ただちょくちょくよくわからんモニュメントがある。俺には理解できん。

ごっついインパクトあるTシャツきてるおじさんと遭遇した。

目本て!!!w

めっちゃいい人でパンくれた。日本が好きっぽかった。どこの国行っても日本好きな人いて安心する。日本旅行者はほんまに得。

あと、絨毯屋さんがたくさんある。空飛べるヤツは売ってなかった。

あかん、なんか今日は笑いどころもないおもんないブログになってもうた!許してちょんまげ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする